3本目の光ファイバー

今日は我が家に3本目の光ファイバーが。
一番最初はNTT、これは契約解除したものの光ファイバーだけはそのまま残ってます。
次ぎがKDDI、現在もこれを使っています。
さらに今回NURO光を導入。壁からは3本も出て来てます。(笑)
20190720_006_800

最近の光ファイバーは接続も簡単になってますね。ちょっと計器を見せてもらいました。
NUROは屋内の工事と外(電柱から家の壁面まで)の工事が別なんですよね。
外のNTTの工事は8月中旬。今、すごく混んでるみたいです。
でも、なんで今、光ファイバー工事が混むんだろ?
20190720_001_800

当面、KDDIとNUROの両方を併用する予定。(^^;
とは言ってもNUROは息子専用。
しばらく海外勤務になるので、外から入って来られる回線が欲しいんだとか。
だもんで、これは我が家の家庭内LANとは全く別系統となります。
そのうち奴がサーバーでも立てていくんじゃなかろか?(^^;


| | コメント (2)

雨の休日

この週末は会社の自転車部(同好会から部に昇格しました!)の那須塩原ツーリングの予定だったのですが
天候不順ということで中止に。まぁ、懸命な判断でしたね。

先週はブログを書いていなかったので今日は書いておこう。(笑)
まずは備忘録。CNC用のパソコンのメモリーを増設しました。
当初は予算の関係で8GBでしたが、CNCを作動させながら他の事を色々やる事が多いので
8GB追加して16GBに。とりあえずこれだけあれば必要充分かな?
20190628_001_800

土曜日は東電が来て契約アンペア変更工事。40A→60A
最近は電力計がスマートメーターになっていますので、契約ブレーカーは撤去されて
スマートメーター側で制限がかかるようになっています。
工事前(左端の40Aと書いてあるのが契約ブレーカー)
20190706_001_800

工事後
ブレーカー部分にのっぺりとした奴が収まっています。
20190706_003_800

カバーを外して見るとこんな感じ。
今まであったブレーカーとイン・アウトの接続位置が同じ物を用意しておいて
ブレーカー撤去の際の現場工事の手間を省くためのものですね。
20190706_005_800

今回契約アンペアを上げたのは契約電力会社変更の布石です。
東電からLooopでんきという会社に変更します。こちらの会社はいわゆる基本料金が無く
使った分だけの従量制。その従量料金も東電よりも安いので我が家の場合、毎月¥1,000以上安くなる見込み。
ただ、40Aの契約のまま契約変更しちゃうと、ブレーカーが残ったままなので基本料金が無いというメリットを
活かしきれません。なので契約変更する前に目一杯の60Aにしておくという訳。

そして次は、この古い分電盤を交換する予定。その際にはブレーカースペースの無いスリムな物になります。
建て直す前の家で分電盤内の分岐ブレーカーが焼けて危うく火事になりかけた事がありました。(^^;
分電盤は定期的に交換が必要だって事は意外と知られていませんが、劣化したりしますからねぇ。
ネットでみると13年が交換目安となってました。うちは13年は過ぎちゃってるけど。(^^;

革の作業もぼちぼちと。(依頼されての作業でなければ超スローペースになります(^^;)
これはバッグの側面マチに芯材を貼っているところ。
20190707_001_800

先日、大きな部材を絞ったのですがなんと黒カビ発生。(>_<)
20190707_005_800
黒カビは革の中の方から発生するので除去不可能。
なので残念ながらこれは切り出しの練習に使った後、廃棄。(^^;
絞りは革にたっぷり水分を入れるのでカビの発生要因は十二分に備えているんですよね。
なんか防ぐ方法って無いのかなぁ?
メス型の寸法がきつすぎた事もあったので型も作り直すことにします。

| | コメント (2)

油圧ホースルーティング

先週完成した「暗黒speed 油圧disk」
フロント側の油圧ホースの取り回しが今ひとつなので手を入れました。
まあ、写真にあるようにホースガイドを付けただけですが。(^^;
始め、ホースをフォークの内側に通す事も試してみましたが、フロント側のホースと
束ねたときにタイヤの上部に干渉しそうだったので見送り。
20190622_004_800

今回選んだブレーキキャリパーはシマノのBR-RS785なんですが、フロント側だけは
BR-R785の方が良かったかも。
「RS」と「R」の違いは油圧ホースの接続位置と接続方法。
Brrs785Brr785 

ロードバイクだとフロントフォークの長さがあるので、その間で取り回しをなんとでもできますが
小径車だとフォークが短くその距離が無い。(^^;
右の写真のようにホースの接続がキャリパー本体の左側にあるとフロントフォークに干渉すること無く
自然に上側へ持って行けると思います。
ただ、ホースは先端にバンジョーと呼ばれる金具が付いた物を使わないといけませんけどね。
20190622_005_800

取りあえずはこれで良しとしましょう。(^^;
ワイヤーと違ってホースはかなり無理な曲げをしても(潰れない限り)力は伝わりますし。

リアのホースクランプはこんな方法を採りました。
インシュロックの正しくない使い方?(笑)
20190622_007_800



 

| | コメント (4)

«speed disk いよいよ最終形態へ