CNC計画発動

CNC計画が発動されました。しかも自作だ!(笑)
CNCフライスというのは、ちとおこがましいけどCNC彫刻機程度にはなるかな。(^^;

何か物を作ろうとする際に、CADで図面を書いてますけど、その寸法通りに作ろうとすると
これが結構難しい。
特に最近は目と指がシンクロしてなくて、思い通りにならないジレンマが。(^^;
CNCフライスというのはXYZの3軸をパソコンからの指令通りに動き、切削を行う装置です。
刃物の付いたスピンドルをレーザーユニットに置き換えればレーザーカッティングマシンにもなる訳です。
自作ならばそういう自由度も高くなり、楽しめます。(^^)v

そんな感じで以前からCNCには興味を持っていたのですがお高くて...。(^^;
(国産でイイなと思っていたのはオリジナルマインドという会社の物なんですが、約20万円ほど)

確か(さ)さんがCNCをお使いだと思い出して聞いて見ることに。
すると中国から安く買えるという事が判りました。
で、色々調べて行くうちに「この程度なら自分で作れるんじゃないかな?」と。

実際にネット上には自作されている方のブログとかが沢山ありました。
そういう情報も参考にしつつ調べを進めると、一番ネックになる(金額的に)と思われたボールねじと
スライドガイド、これが中国製だとかなり安い。
精度的には劣るかもしれないけど、私の用途レベルならば問題無い精度。
それを使う前提で設計を進めてきました。

それで、いくつもの案を検討してようやくひとつ、案としてまとまりました。
20170122_001

真鍮の切削を視野に入れ、ある程度の強度は欲しいので固定の門形フレームを採用。
Y軸は一般的な物とは違いモーター毎動く構造です。これはスピンドルの真下に荷重を支える
ブロックを配置したかったため。そしてこれだと天板と底板の二重構造が必要ないためコストダウンが図れると。←ここ重要(^^;
でも一応、これから門移動タイプの設計も行って、両方を評価して最終決定となるかな?

問題は専門分野ではない制御系なんですが、これはarduinoベースで行くことでこれもコストダウン。
オープンソースハードウェアという事でフリーな環境が揃っているようです。
パソコンとの接続がUSBになるので、パソコン側の制約が無いというのもいい点です。
20170122_003_400

制御系は事前にソフトも含めた動作チェックをしたいので、先行で手配を進めています。
ステッピングモーターはAliExpressで調達。他にarduinoに刺して使うCNCに特化した基板
「CNCシールド」それに使うモータードライバー「drv8825」も手配しているのですが現状未着です。
それが揃ったらテスト開始です。

ちなみにarduinoは中国製のクローンではなく純正品を使いたかったので、久し振りに秋葉の秋月へ行きました。
店内がずいぶんキレイに整頓されててビックリしちゃった。(笑)

私的には久し振りのビッグプロジェクト。(笑)
設計段階で試行錯誤してるのはとっても楽しくて。(^^)v
私はこういう事をやりたくて、今の職業に就いたのに、最近はそういう仕事から遠ざかってしまい
つまんなかったんですよね。(^^;
まぁ、管理職となるとそうなってしまうのも仕方ないけど、私は生涯一設計屋で行きたいと思ってる。
取りあえず、これでしばらくの間は楽しめるぞ~。(笑)

***
さて、その設計が一段落したので、自転車ネタも進めよう。
old dahonのレストア?でやり残しのグリップの革巻き作業。
その革を用意しました。

以前は単に革を巻いただけでしたが、小技を覚えた今回は滑り止めを兼ねてスタンピング。
スタンピング作業にもハンドプレスが活躍します。
20170122_005_400

さ、あとはハンドルバーへの取付を残すのみ。
20170122_007_400






| | コメント (6)

ロックナット発掘!

old dahonのBBに使うロックナット、会社の帰りにアサゾーへ寄って聞いて見ました。
「シマノのBB-7400のロックナットなんて無いですか?」
一応、調べてくれましたが古い型番でもう取れないとの事。

次にじて吉へ。
「ママチャリ用ならありますけど。」 それは却下だな。(^^;
「あそこ行けばあるんじゃないですか?宮さんのとこ」 だよね、やっぱり。

という訳で、再びvillage topへ。
「カップ&コーンのロックナットなんてもう無い?」
「もう無いよ~」「ガ~ン(^^;」

新たな調達計画は失敗に終わったので、あとは家捜ししかないな。
物置のジャンク箱もひっくり返して探し(この中身は処分しないとな)
工具箱も全部出してみたけど、やっぱり無い。(^^;
次は木工用の工具箱...「あった~、しかも2個(笑)」(写真には1個しか写ってないけど)
誰がこんなとこに入れたんだろう?(私しかいないって(^^;)
20170114_001_1024

これでようやく組めますがな。ピンスパナも買いました。oldでしか使わないけど。(^^;
20170114_005_400

oldのクランクはSUNXCDの渋い奴なんだけど、フィキシングボルトのカバーを外す際に
六角穴を盛大にナメってます。(^^;
これ、アルミで肉厚がメッチャ薄いんだもの。
20170115_001_400

さらにフィキシングボルトそのものもこんな六角頭。
そこそこの値段のクランクなんだから、せめて六角穴付きにして欲しいね。
これだとソケットレンチが無いと外せないし。(^^;
20170115_002_400

village topへ行ったついでに買って来ました。ワンキーレリーズ
20170115_003_400

でもSUNXCDのカバーも調達済みなので、使うのはボルトだけ。
これはいつぞや、八王子のロッソにお邪魔した際に、吉祥寺で途中下車してベロクラフトに
寄って買って来たんだったよ。(それはちゃんと覚えていた。(^^;)
20170115_004_400

これでバッチリ!あとはグリップの革巻きだけかな。
20170115_005_1024

20170115_006_1024

| | コメント (2)

ハンドル交換(作業を阻む物忘れ)

さあ、今日は真っ当な自転車ネタですよ。(笑)

old dahonのハンドルバーを交換しました。
グリップが固着してて外れないので、ドライバーで無理矢理すきまを空けて、CRCを吹き込み
なんとか外れた~
20170108_006_400

次は新しいハンドルバーの長さを現状と同じにカットするんだけども、パイプカッターが見当たらない。(^^;
前に自転車用の工具箱を整理した時に使用頻度が少ないからと、どこかへ移したんだよなぁ。
それがどこだか思い出せず、片っ端から探すはめに。(^^;

で、ようやく物置の中のジャンクパーツ入れの中で発見。(なんでこんなとこに入れてたんだろ?工具が入ってる工具箱もあるのに(^^;)
20170108_008_400

外したブレーキレバーがくすんでいたので、これはちょっと磨いて、と。
20170108_011_400

ブレーキワイヤーをセットする段になって思い出した。
ブレーキリリースレバーのワッシャーを無くして、リア側は仮止め状態だったんだ~(^^;
それもM4で外径φ7なんていう特殊なワッシャー。
しょうがないので、ここは途中でやめておこう。(^^;
20170109_002_400

グリップの革は廃棄ですな。作り直さないと。
20170109_003_400

ついでだから左クランクも付けとくか。BBの玉当たりも調整して。
前にやろうとして、BBのロックナットが行方不明で中断してたんだよね。
それはvillage topで調達したあったし...
20170109_005_400

と、そのロックナットが見当たらない。って、またかよ。(^^;
あちこち探しまくっていたら、M4φ7のワッシャーが出て来た。袋に10個入った状態で。
「あ、注文してあったんだ」(笑)

という事で、ブレーキ周りの作業は完了。
でもBB周りはまたまた未完。(^^;
しょうがない、また買いに行くかなぁ。
今度は買って来たらすぐにネジ込んでおく事にしよう。(笑)

お達者倶楽部の漫才を見てるような所業ですね。(^^;
これでまたoldの塗装後レストア完了は先送り。多分また数ヶ月先になるんだよ、きっと。
で、次に見つからなくなるのはどのパーツでしょうか?(爆)

| | コメント (2)

«ツールラック