« あれこれ考える | トップページ | いにしえの通信小道具 »

天気のいい日には

天気のいい日、普通の自転車乗りはもちろんサイクリングでしょう。
今日は久しぶりに暖かな1日でしたし。

私はもちろん...塗装です。(^^;
まずはフレームにペーパーがけ。脱脂処理したのち下塗りです。
塗装前にダンボール箱で塗装ブースを作成します。
こういう際には自転車屋さんから自転車搬送用のダンボールが大きくていいです。

最初はフロントフォーク。
Paint01
仕上げを黄色にするつもりなので、ホワイトのプラサフを吹きました。
が、ホワイトは隠蔽力が弱くて4回も塗るはめに。

本体フレームは最初にグレーのプラサフを吹く事に手順変更。
Paint02
ここでまた失敗。フレームは構成が複雑なのに置いたまま始めてしまった。
結局1面塗って、乾いてから向きを変えて、を数回繰り返しようやくグレーが終了。
ここで時間切れ、続きはまた来週。
フレームが小さいからと甘くみてましたね。
今度は上からぶら下げる物を用意しよう。

この後、ホワイト吹き、水研ぎ、脱脂、上塗り、水研ぎ、脱脂、クリア吹き、
(状況によってコンパウンドで磨き、そこまでやらんだろうけど)と手順は続きます。
塗装はとにかく手間がかかります。

しかし、缶スプレーでの塗装にはつらい時期です。
缶を湯煎して温度を上げて、さらに缶の側面に貼るカイロを貼って温度を保ちます。
プラサフなのでそこまで気を遣わなくても大丈夫でしょうが、仕上げ塗りの時には
用心しないとひどい目に遭います。
最後のクリアに2液性のウレタンクリアを使う予定なのですが、こいつは温度が低いと
硬化しないんですよね。ダンボール箱で乾燥ブースも作らなくちゃだめかいな。

|

« あれこれ考える | トップページ | いにしえの通信小道具 »

OLD DAHON」カテゴリの記事

コメント

itaさん、こんばんは。
自粛期間中でもとってもお元気そうですね(爆)。

昨日の天気予報で「11日は穏やかなので有効に利用してください。以後は真冬の天気に戻ります」と。
塗装は多分戸外でしょうから、しっかり有効利用できましたね。ダンボールの塗装ブース、仕事で行ったデザイナー事務所によくあるスプレー糊用ブースを思い出します。

私は例によって自転車に乗っていましたが、オールド・ダホンとすれ違いました。結構なスピードでシャープな駆動音が駆け抜けて行きました。ポタ用というよりは、しっかりスポーツ小径車していましたよ。

投稿: gen | 2008年2月11日 (月) 20時55分

いいなぁ、自転車乗るのもいじるのも。
どちらもできなかたのでうらやましい~

今日は大分 国東半島に仕事に来ています。
ネット環境のあるホテルを求めて50キロ近く走って今は中津市にいたりします。

投稿: taku | 2008年2月11日 (月) 21時07分

>genさん
自粛してるのは「おでかけ」であって「いじくり」は範囲外なのでOKなのです。
Old dahonでも外装変速機のモデルもありますし。
でも、うちのOLDもいい感じに仕上がりそうな予感です。
バイシクルライドin東京にはこれで行こうかな。

そうそう、いつぞやの「画竜点睛を欠く」。
目を入れました。(^^)v

>takuさん
ずいぶん遠くへ行ってますね、ご苦労様です。
今は出先のホテルでも簡単にネットへつなげるのがありがたい事ですね。
昔は海外に音響カプラー持って行ったものです。(遠い目)

投稿: ita | 2008年2月11日 (月) 21時25分

itaさん、こんばんわ

> 昔は海外に音響カプラー持って行ったものです

音響カプラー!
思わず反応しちゃいました。

ちなむと、私は、2400bpsでパソコン通信な時代の子ですので
音響カプラーを実用した経験は無いんですよ。(^^;

それはともかく、けっこう凝った塗装をするんですねぇ。
さすが暗技研所長。
その分、仕上がりがとても楽しみですね。

投稿: yukkyo | 2008年2月11日 (月) 23時01分

>yukkyoさん
私もそのあたりからですよ。1200ないし2400bpsでパソコン通信。
その当時は国内でもモジュラージャックじゃない所も結構ありましたしたので音響カプラーは必須でした。
他にも通信用小道具は色々ありました。実は物置を掃除していたら出てきたんですよ。そのうち紹介します。

ホテルのロビーの公衆電話にカプラー付けてバスタオルでグルグル巻いてHP100LXで通信している様はそうとう怪しい人物に見えたことでしょう。(^^;

投稿: ita | 2008年2月12日 (火) 08時56分

>HP100LX
DOSが走る画期的なPDAだったような記憶が。

投稿: ふみまろ | 2008年2月12日 (火) 18時22分

>ふみまろさん
hp100LX/200LXはPDAというより、画面モードがCGAのPC/ATマシンです。
MS-DOSをROMに持っていて、他にもLotus123やデータベース、ccMail、等々PIMソフトが充実してました。
自分が使った電脳機器の中で使用期間の長さが断トツの一番でした。10年以上毎日持っていました。

なんか、昔の機器類が懐かしくなっちゃった。
次のエントリーはこれでいこうかな。

投稿: ita | 2008年2月12日 (火) 21時11分

最初の写真、フロントフォークの下塗りですが「犬神家」のあのシーンを想像してしまうので、早く黄色に塗ってください(笑)。

投稿: gen | 2008年2月14日 (木) 19時52分

>genさん

そう言われて見ると、なるほど....。(^^;

投稿: ita | 2008年2月14日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209097/40088730

この記事へのトラックバック一覧です: 天気のいい日には:

« あれこれ考える | トップページ | いにしえの通信小道具 »