« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の11件の記事

下町の水路探訪

日曜日はヤマ行このオフ「下町の水路探訪ポタ」に参加してきました。
今回は30数名の参加との事で、大丈夫かいなと思いつつ。

スタート地点の浅草までは電車輪行です。(なにせ普段の通勤経路ですので
定期で行けちゃいます。)
浅草駅を外へ出ると「雨」...。(^^;
「雨男の称号決定かよ」と思いつつ、集合地点へ。

ぞくぞくと小径車(1台だけ26インチ)が集まってきます。
Rimg0001_200_2 Rimg0004_200_2

大勢なので5つのグループに分けて行動する事になってます。
不肖私もGrリーダーを拝命しまして、「んじゃ、ま、ボチボチと行きましょうか」
スタート時には雨も上がっています。ホッ(^^)v

街中なので信号待ちで前のグループと合流しちゃいますので、
GPSの必要性も感じない状況でした。
Rimg0005_200_2 Rimg0006_640

水路沿いの気持ちのいい道をユルユルと進みます。
「あ~、ユルポタはいいなぁ」
途中の公園で休憩。ここではさながら自転車品評会と試乗会。

Rimg0010_200 Rimg0011_200
Rimg0012_200 Rimg0013_200
色んな種類の自転車を見られて、目の保養になりました。
でも、なぜか私のデジカメにはこんなアップの写真ばっかり。(^^;

お昼は「砂町銀座商店街」へ。
Rimg0017_640 Rimg0018_640
昔懐かしい下町の商店街ですね。値段も安いし、いいところでした。

さらに夢の島を取り抜け、東京ヘリポート横を過ぎ、若洲ゴルフリンクス横を
突端まで行きました。
こんなとこにもサイクリングロードがあるんですね。
Rimg0024_640 Rimg0025_640

ここからは砂町方向へ戻り、小名木川、旧中川、北十間川と川沿いを
進み、スタート地点の浅草へ。
(写真が無いので思いっきり端折ってます。(^^;)

大勢なのでちょっと心配でしたが、トラブルもなく楽しく走って来れました。
走行距離は40kmそこそこでしたが、結構疲れちゃった。(^^;

締めはさらに上野まで走って反省会。
帰りは上野から輪行。帰りも乗換無しの1本ですから楽勝。
こんな輪行ポタもたまにはいいかな。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。

| | コメント (10)

スモールパーツ

まずはこれ。
Rimg0005_640

さて、なんでしょう?
リアディレイラのインデックス調整ネジです。
上から「DURA-ACE」、「ULTEGRA」、「105」ですが、パッと見では
違いが判りません。
ちなみに値段は上から \146、\131、\185 となぜか105が一番高いです。

これはディレイラ本体にネジ込まれているわけですが、そのネジの
サイズは「ユニファイ細目ネジ UNF No.10-32」だと判明。
(なぜだかインチネジ。ミリネジなら工具はあるのに。ちなみに現物を
計って調べました)

Rimg0006_640
ということで、それ用のタップを購入。
これを何に使うかは...。(え?バレバレですか(^^;)


お察しのとおり、こうなりました。
Rimg0042_640 Rimg0043_640

アウターエンド一体型プーリー。
ヘリオス用にと思って作成したのですが...。

Rimg0015_640 Rimg0018_640
ヘリオスはspeedと違い、メインフレームがBBの高さに来るため
高い位置のプーリーにワイヤーを持ってくる事自体に無理があるようです。
そのためこのパーツは残念ながらお蔵入り。(^^;
ヘリオス用は別途Bプランを検討しましょう。

さて本日、暗黒speedの三男坊が誕生しました。
Rimg0031_640

私のspeedとフレームカラーが同じですが、これは違う車体です。
ハンドルバーをブルホーンに、コンポは105、もちろんホイールは451のR390。

Rimg0054_640 Rimg0056_640
きっちり畳めるブルホーン仕様です。

もちろん最新仕様のFDプーリー付き。
Rimg0021_640

ダースベイダーの異名を持つ暗黒speed(次男)と揃い踏み。
私のspeed(長男)がここに無いのが残念でした。(^^;
Rimg0036_640 Rimg0045_640

暗黒speedの詳細は後日、暗技研サイトにてご紹介いたします。
最近、ちまたで声かけられる事も多い暗黒speed、その(とんでもない)
全貌を明らかに...。

| | コメント (4)

ネックストラップ

ブログを書くようになって写真を撮る機会が増えました。
っていうかブログネタじゃとか言って撮っているような...。(^^;

自転車に乗って走っている時にもすぐに撮れるようにデジカメを
首からぶらさげている事が多いです。
今まではこんなネックストラップを使っていました。
Rimg0008_640

ただ、これだとカメラを扱いやすい長さにしていると走行中はブラブラして
ジャマな感じ。でも長さ調整はめんどくさい。
簡単に長さを自在に調整できるものはないかなと探していたら見つけました。
Rimg0002_640

メジャーのような感じで首にかけるリボン状のひもが延びてきます。
東急ハンズで見つけて「これだ!」と即買い。

しかし、これは失敗でした。
ひもを延ばすのには単純に引っ張るだけ。戻す時にはボタンを押して
戻すのですが、デジカメの重量がかかるとひもが延びてしまいます。(^^;

ならば同じようなコンセプトで簡単に延びない機構の物がないか探して
みると、ありました。
Rimg0001_640_2 Rimg0009_640

商品名「PUTIT」
これは仕様荷重300gとなっていますのでコンデジなら大丈夫。
こいつは使えそうです。
但し、私は先端の取り外し式のコネクタが弱そうに感じたので
いつも使っている物に交換しています。

日曜日のサイクリングで使ってみます。

| | コメント (4)

FDワイヤー受け金具2

先週の残り、ワイヤリングをやっつけましょう。
元々のリヤディレイラ用のワイヤーガイドをアウターエンドとして使用します。
もちろんそのままではアウターが通り抜けてしまうので、私はこんな物を
使いました。
Jagwireの「アジャスティングバレル

これだとワイヤーのテンション調整もできるのでバッチリです。
で、ワイヤーを付けるとこんな感じ。
Rimg0002_640 Rimg0003_640

シフターを作動させるとワイヤーの動きに合わせプーリーも回転していますので、
プーリー自体の減りは余り気にしなくていいかも。

クランクを取付け、チェーンを張りシフトの調整を行います。
Rimg0005_640 Rimg0007_640

FDが少し曲がって取り付いていたのでちょいと修正。
シフト動作はバッチリOKです。
フレームを折り畳んだ際のワイヤーの折れ曲がりも許容範囲内です。

従来のようにシートポスト下にワイヤーが通らないのがいいです。
アウターがギヤに接触する心配もないし。

修正して少しスリム形状にした図面を置いておきます。
「ワイヤープーリーブラケット」

注:ヘリオスのフレームに使えるかどうかは未確認です。

| | コメント (16)

FDワイヤー受け金具

昨日からの自転車掃除も一段落。
分解したついでなのでyosiko2さんが作られていた「FDワイヤー受け金具」の
採寸をして、そのままサクッと製作に入ります。

取付部分の寸法を測り、ラフスケッチで寸法を仮決め。
最初は木材で形を切り出し、外形寸法の確認をします。
左は完成形です。
Rimg0006_640

それでいけそうならアルミを切り出します。
使用するのはアルミのアングル材。(L60x60x5)
Rimg0003_640

最近、この類の工作は秘密基地のyosiko2さんにおんぶにだっこなので
機械加工を必要としない物は自分で作ります。
「無いものは自分で作る」のが暗技研の基本ですからね。

プーリーを取り付ける箇所はネジを切ります。
Rimg0004_640

yosiko2さんはプーリーもアルミから削り出しで作られていましたが、
市販で使えそうな物を見つけました。
樹脂製なのでそのうちワイヤーで削れてミゾができてしまう可能性も
ありますが、とりあえずはこれで。
同じような寸法で金属製の物も見つけていますので、そちらに替えても
いいかもしれません。
Rimg0011_640

フレームに取り付けた状態がこちら。
Rimg0012_640 Rimg0013_640

強度を保たせるために5mm厚を使いましたが、これだともっとスリムな
外形にしてもよかったかも。
アウターを固定する部分の細工も必要なので、今日はここまで。

実際にワイヤーを張っての作動テストは来週に持ち越し。
それまではクランクも付けずにこのまんま。

| | コメント (16)

祭りのあとは

朝起きると体の節々が痛いです。(^^;
今日は昨日と打って変わって朝から晴天。とりあえず掃除を始めますか。
こんな状態のままじゃまずいし。(^^;
Rimg0017_640 Rimg0018_640

普通に海岸線を走ってもそれほど問題無いのでしょうが、雨で路面にある
砂をタイヤで跳ね上げ、それがベッタリ付着してます。
海砂だし塩分も含んでいるからさっさと洗わないとサビの原因に。

ホイール、チェーン、クランクと外し、ホースで水をかけジャバジャバ
洗うことにします。車の洗車ブラシでゴシゴシと。
フレーム内部にCRC666を吹き込んでサビ防止。

あちこち砂が入り込んでジャリジャリしてます。
折り畳みのラッチ部もジャリっとしてやな感じ。
分解掃除しちゃいましょ。以前どこかのサイトで「ラッチ部は分解不可能で
そこが逝かれたらフレーム交換」なんて話を見た記憶があるのですが、
問題なくバラせましたよ。
Rimg0019_640_3 Rimg0021_640_2

後はきれいに掃除して再組立。ジャリジャリもしなくてこれならOK。

クランクからチェーンリングも外し、これもそうじ。
Rimg0024_640_2
アルテのチェーンリングボルトはトルクス(T-30)でした。
トルクスレンチを探すだけで30分。普段使わないしなぁ。
普通の六角穴のボルトに換えてしまった方がいいかも。

チェーンもこんな状態。
Rimg0022_640
ここまでひどいと灯油シャカシャカだけではきれいにならず、
ブラシでゴシゴシこすり洗い。

で、元に戻ったぁ。
Rimg0023_640

あと、リヤのキャリパーブレーキの軸部分がジャリジャリしてます。
これも分解掃除が必要かな。後は明日にしようっと。

この調子じゃ、晴天の2日間は走りに行けず、初日の雨の中を走っただけの
3連休になりそう。(^^;

| | コメント (3)

雨のツールド千葉

今日のツルちば、takuさんが家まで拾いに来てくれるので自宅前でスタンバイ。
まだ真っ暗ですね。(^^;
Rimg0002_640

雨が予想されるので、チェーンにオイルを補給して、各ワイヤーの調整を
済ませておきます。

高速道路をカッ飛ばし、九十九里浜へ到着。
駐車場ではみなさん準備に余念がありません。
Rimg0005_640

受付はこの駐車場にあって、スタート地点はそこから2kmほど離れていますので、
自走で向かいます。
途中、逆方向に走る人とすれ違いますが、おそらく輪行してきて受付に
向かう人なのでしょう。
私も当初は輪行参加の予定でしたが、takuさんの車に便乗させて
もらいましたので楽させてもらいました。

スタート地点ではすでに大勢の人が並んでいます。
Rimg0009_640 Rimg0008_640_200_2

takuさんはサポート隊なのでちゅんちゅんさんと一緒に走ります。
実はこの時点でポツポツ雨が落ちています。
走り始めた頃は結構降ってきました。さすがに今回は手近な駅を見つけて
輪行ってな訳にはいかないので頑張って走り続けます。

自己申告の速度別に分かれ、さらに50人ごとのグループで走るのですが
我々は最初は早い組で、「付いて行けなくなったらズルズル後ろの組に
吸収されて行きましょう」作戦です。(^^;

各グループの先頭と最後尾を競輪選手が引いてくれています。
走り始めの頃は巡航速度が30km/h超えてます。(^^;
しかも途中のエイドステーションまで止まりません。(信号は守りますけど)
付いていくのが結構大変。雨もうっとうしいし。

Rimg0012_640
自転車もすでにドロドロです。もちろんウェアも。
レーパンのパッドがベチョベチョで気持ちわり~ぃ。

ここは2カ所目のエイドステーション。旧大多喜女子校跡です。
Rimg0011_640

ここからは山の中に入り、アップダウンが続きます。
その途中でじて吉仲間、ブログ仲間のCapreoさんとお会いしました。
今回はスタッフとして参加されていたので、「ツールド千葉」のスタッフジャージを
着ていたのでこちらは気が付かなかったのですが、あちらから声をかけて
いただきました。(雨の中、ご苦労さまでした。)

この先のアップダウンでは当初の予定通りグループからはちぎれ(^^;
2人旅で次のエイドステーションを目指しました。
もっとも、後ろのグループがすぐ追いついて来るので、適当に付いていき
またちぎれの繰り返し。

養老渓谷と栗又の滝の辺りを通りました。
そういえば、日曜日にそこへ走りに行こうと誘われていたのを
思い出しましたよ。(^^;
今日ここ通ったからいいよね。>栗さん

その先の「内浦山県民の森」エイドステーションでお昼ごはんです。
Rimg0015_640 Rimg0016_640
こんなお弁当が支給されましたよ。
「ツールド千葉オリジナル弁当」なんて書いてありました。

ここでデジカメが不調になり(雨に濡れたせいでしょうか)ここからは
写真無しです。(^^;

お昼休みのおかげで、元いたグループに復帰し、スタートしました。
ここまで約75km、残りは50km程度、ここから海まで下り、
そこからゴールまでは基本フラットな道です。
結構疲れて来てますので、前半の様に30km/hペースには
付いていけそうにない旨をちゅんちゅんさんに伝えておきます。
「ちぎれたら先へ行ってください」と。

でも、ここからは先頭の人が後ろの様子を見ながらペースを
調整してくれたので、なんとか付いて行けました。

最後のエイドステーション「和田漁港広場」へ到着。
takuさんは各ステーションへ先回りして、飲み物や果物、食べ物を
差し入れしてくれるので助かります。
ここではぶどうをいただき、糖分補給です。

この辺りの道は今年3回目です。
正月2日ソロツーリングと3月のヤマ行こオフ、そして今日。
天気がよければ気持ちのいい道なんですけどねぇ。(^^;

ここからゴールまでは25km位、グループから離れてマイペースで
行きましょうということに。
途中、結構な向かい風。ちゅんちゅんさんを後ろに従え頑張って
前を引きます。ふと気が付いて後ろを見ると、ロードバイクな人が
5,6台後ろにぶら下がっているじゃん。(^^;
「オイオイ、小径車に前を引かせて楽するなよ」と心の中で
つぶやくと、1台前へ出てきて引いてくれましたよ。いい人だ。
でも、その後、足をさすったり肩を回したりするのを見て、さらにゼッケンが
3日間走る人だったので、また先頭交代してあげました。(エライなぁ、おれ(^^;)

そんなこんなで、ようやくゴールへ到着。
Dscn5454_640 Dscn5455_640_200_2
ゴールに着いた頃、空は青空でした。(^^;
本日の走行距離は128km。
栄村の100kmと比べると、余裕でゴールって感じですね。

天気はいまひとつでしたけど、単独走ではなく終始2人でおしゃべりしながら
走って来れたので楽しめました。>ちゅんちゅんさん、ありがとね。

さて、明日はドロドロ自転車の大掃除をしなくちゃ。(^^;

追記:デジカメはシリカゲルによる強制脱湿(ポリ袋の中にシリカゲルと
   デジカメ入れて密封)により復活しました。(^^)v
   防水デジカメが欲しくなった今日この頃。

| | コメント (15)

明日からツルちば

明日11日から3日間、ツールド千葉が始まります。
私は1日目の11日だけ参加します。

今週の中頃の天気予報だと金、日、月と晴れマークなのに土曜日だけ雨マーク。
東京シティサイクリングに続いてまた雨かいなと、ドヨ~ンでした。

とりあえず最新の予報だと雨マークは消えた?のかな。
まぁ、ピンポイントな天気予報だと「曇り」なので、雨さえ落ちてこなけりゃ良しとしよう。

今日は早く帰宅して自転車の整備のつもりが、仕事が山積みでなかなか帰れず、
やっと帰って来ても雨降りなので何もできず。(^^;

明日の朝、早く起きて簡単にチェックくらいはしておくことにしよう。
どうせ年寄りは早~く目が覚めちゃうし...(^^;

| | コメント (4)

今日は秘密基地

今日は久しぶりに秘密基地詣でです。
最寄りの駅まで友人のtaddさんが私を拾いに来てくれました。
今日のお題はtaddさんのspeedとBoardwalkの改造作業です。
それとyosiko2さんの暗黒speedをよ~く見せてもらうってのもあります。

Rimg0009_640
Boardwalkはご覧のようにdahon専用ディレイラが付いていて、というかそれしか
付けられない構造です。

08.10.07 追記 2009年モデルのBoardwalkは専用ディレイラじゃなくなるみたいですね。
シマノ製になるという事なので普通のディレイラエンドになるみたい。
先日の展示会の写真では現行と同じでしたが。


これに普通のディレイラを付けるためにディレイラエンドを取り付けます。
完成形がこちら。

Rimg0015_640
このエンド金具はBD-1用だそうです。本体フレーム側はタップ加工の他に
取付面の段差を削り落とす加工を施しています。

speedから取り外したSRAMのリヤディレイラを取り付けます。
(撮影アングルが悪くてすみません。)
Rimg0019_640

その後も諸々いじりまして、結局こんな形に。
Rimg0036_640 Rimg0037_640
2x9速なBoardwalkの出来上がり。

tadd's speedはというと
Rimg0027_640
コンポーネントを105に換装。ハンドルバーを「Hバー」へする予定だった
みたいですが、ポジション的にいまひとつという事で、結局ブルホーンへ。

Rimg0028_640
ただ、ここでブレーキインナーが短くて、(私がリヤは普通のインナーでは
届かない事をすっかり失念していてアドバイス不足)途中で中断。
さらにショートVブレーキのタッチがよくないと工場長からダメ出しが入ったので
構成を再考です。
1.Vブレーキ+トラベルエージェント
2.ロングアーチキャリパーブレーキ
3.ショートアーチキャリパー+451ホイール

さて、taddさんはどの道を選ぶでしょうか。(^^;
Welcome to the 暗黒ROAD (。_゜☆\ バキ

(業務連絡:takuさんのベアリングをこれのBBに流用しちゃいました。
事後報告ですみませんが、ご承知おき下さい。)

Rimg0026_640 Rimg0002_640
こちらは一足お先に暗黒面を身を投じた2台です。(笑)
私のspeedは「先駆者」、黒いフレームは暗黒speed「ダースベイダー」の
ニックネームを持ちます。(^^;
ちなみにこの状態で質量を計ったところ、12.2kgと10.5kgでした。

暗黒speedへ新たに装備されていたのがこちら。
Rimg0005_640
フロントディレイラへのワイヤを受けるプーリーです。
これがあるとフレーム下部にアウターを通す必要がなくなります。
これは私も欲しいっ。近日図面化し、製作したいと思います。

ちなみにアウターエンドはここを使っています。
Rimg0031_640 Rimg0030_640

しかし、このプーリーの位置は実に絶妙な位置を狙っています。
ここしか無い、というピンポイントですね。

そうそう、私の2007年speedと2008年speedのフロントフォークの違いは
大きいです。
Rimg0001_640
材質もスティールからアルミになり、形状もスリムになっています。
キャリパブレーキも泥よけ穴にポン付けでいけるようです。
(ホイールは451ですけどね)
重量的にもかなり軽くなっているとのことなので、これも欲しいっ。(^^;

さて、taddさんのspeedは本日はお預かりとなり、日を改めてリベンジ企画が
開催されるようです。

| | コメント (25)

Oldのサイコン

先週、途中で止めたサイコンのケーブル補修。今日は残りをやっつけます。
Rimg0001_640
途中は省略していきなり完成形です。(。_゜☆\ バキ
赤いブレーキアウターに同じ色のケーブルなのでいい感じ。

Rimg0002_640
最後の所もこんなふうにコイル状に仕上げます。(ピンボケ写真でスマン)
普通のケーブルだとこのようにクセは付かないのですが、単線ケーブルだと
大丈夫。もちろん動作チェックもOKです。

Rimg0004_640
おっと、先日の1回の輪行でこんなにキズになってしまいました。
でも、このフレームジャケットは見てくれよりも実用本位なので、これでいいのです。
革は取り替えられるけど、フレーム(塗装)にキズが入ると大変だから。

しかし、今日は快晴で風もなくサイクリング日和な一日でしたね。
みなさんはどこかへ走りに行かれましたか?
私は....。(^^;
来週のツールド千葉へ向けての積極的休息という事にしておこう。(。_゜☆\ バキ

| | コメント (4)

PCDとBCD

PCDとBCDは狭義では同じ意味です。

なぜ突然こんな事を言うかというと...
今日、会社帰りに「折りたたみ自転車&スモールバイクLife2」という本を買い、
電車の中で見ていました。
後ろの方に「自転車に使われる規格入門」なんていう、私好みの記事が。

しか~し、その中で述べられている「PCD」と「BCD」、この記事の中の「BCD」は
全くの間違いです。

B.C.D=Bolt Circle Diameter と記述しているにもかかわらず、「BCDは隣り合う
ボルトの距離のこと」などと書かれています。
「Diameter」は直径だろうよ。
「隣り合うボルトの距離」の事を「ボルトピッチ」と呼ぶ場合もありますが、
円周上のボルトに使う事はあまりないですね。

PCDはPitch Circle Diameter ピッチ円直径
BCDはBolt Circle Diameter ボルト円直径(これはあまり使わない言い方です)

PCDは例えば自転車で言うと、スプロケットやギヤの基準円の直径や、
歯車の基準円直径、それから円周上に配置されるボルトの配置円直径を
表す際に使われれます。

BCDは上記の中のボルトに関する部分だけに適用される言い方です。

なんでこの記事のライターはこんな間違いをしちゃったんでしょうかね。
BCDとボルトピッチを混同した?

ちなみにボルトピッチは次の式で計算できます。
ボルトピッチ=PCDx sin(180/ボルトの数)

ただの記事ならへーと笑って見過ごすのですが、こういった分野での
間違いはきっちりダメ出しをしたい、暗技研itaでした。(^^;

| | コメント (6)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »