« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の3件の記事

ツインタワー

猫のための家づくり特集だった「建築知識2017年1月号」
20170815_000

この中に老齢猫への対応についての記述があり、キャットステップの段差を小さ目で抑えてあげるといいって。
キャットタワーを作った頃は冷蔵庫の上にさえひと飛びで上がる位でしたので、ステップの段差も
深く考えずこんなもんかな?と50cmにしてました。
20170811_021_1024_2

今は問題無く登り降りしてますが、もう11才の高齢のレベルに少し足を突っ込んだゆず。
段差を少し小さくする事にしました。
単純にやると全部作り直しになっちゃうので、考えた末に隣にもう1本建ててツインタワーにしちゃおうと。

我が家のキャットタワー、一見すると柱があって棚板をそこに付けてるって感じですが、実は柱は1本物では無く、
柱・棚板・柱とサンドイッチ構造になってます。こうする事で棚板を支持する余計な金物とかが必要ない構造としてある訳です。

柱の端部に「ポケットホール治具」というのを使って斜めのザグリ穴を開けます。
20170811_003_800

それで柱・棚板・柱をまとめてネジ止め。この方法じゃ無いとこの構造は無理。
20170814_005_800

実は夏休み最初の金曜日にあらたか作ったものの、柱の部材が柔でネジが抜けてしまうトラブル発生。
仕方なく一度ばらして、柱部材を交換するはめに。(^^;
だもんで完成予定が後ろに延びちゃいました。

ようやく形になりました。結構な重量で、2階の設置場所まで担ぎ上げるのが大変。
20170815_001_800

水準器で垂直をみながら設置。
20170815_002_800

既存のタワーに固定して倒れ止めを取りました。
20170815_005_1024

棚板がちょうど互い違いになるように配置されてます。
20170815_007_800

後は滑り止めにカーペットを敷き込んで、爪研ぎ用に綿ロープを巻けば完成。
かぼすは早速乗ってくれましたけど、肝心のゆずくんはビビリなので新しい物にはなかなか寄りつきません。(^^;

| | コメント (0)

続・metroをいじって

シリーズ展開で参ります。(笑)

先週、ヘッドパーツを交換し快調に走ってるmetroなんですが、フレームがきちゃない。(^^;
ああ...
20170812_001_400

20170812_003_400

あれま
20170812_004_400

いや、もうすでに分解されてますが...。(^^;
夏休みなので、通勤用metroもお休みの間にオーバーホールしちゃおうという訳です。
フレームは全塗装。ショップに出す時間は無いので自家塗装ですが。(^^;

バラしたフレームはまずマジックリンで洗って油汚れをあらかた落とします。
細かいとこは真鍮ブラシでゴシゴシ。
今回は思いっきり手抜き塗装をやりますので、そのままペーパーかけて足付け。
元の塗装はほとんど残したままで、それを下地に使います。
同じ色(オレンジ)で塗りますのでそれで問題無し。
アルミフレームなので剥離までやっちゃうと下地作りが大変です。(^^;

でも、部分的に地肌が出ちゃいました。(^^;
そこはアルミ用のプライマーを吹いておきました。
20170813_001_800

20170813_003_800

今回選んだ塗料がこちら。
自転車フレーム用のスプレー塗料、その名も「Spray.Bike」
ギリシャ製らしいっす。
歌われている特徴として
 ・下処理不要
 ・ドライマットパウダーコーティング?で超速乾
 ・1本でフレーム1本塗装可能
20170813_012_400

色の種類も非常に多くラインナップされています。
取りあえず入手したのは「Meise Orange」ほんとに1本で済むのか不安だったけど、行ってみよう。

メーカーロゴ、イラレでデータ作ってカッティングしてもらおうか、単純にステッカーを作ろうか考えたすえ
余計な手間をかけずに、現状ロゴの流用で行く事に決定。(笑)
ロゴの全体をマスキングして
20170813_004_400

デザインナイフで周囲をカット。比較的簡単な外形なので助かりました。(^^;
20170813_005_800

車庫にダンボール箱を使った簡易ブースを設置して、塗装開始。
20170813_006_400

このスプレー、ほんとに粉で出て来ます。足下に貯まった色が箒で掃くことができました。
でも、ちゃんと定着してるんだよなぁ、不思議。
風に乗って飛んだ粉は、飛んでる間に乾燥しちゃってる感じかな。

それから相当近くから吹かないと粒子が大きくなってしまいます。
近くから吹いても垂れるって感じは無いですね。塗りやすいのは塗りやすい。
ただ、表面はザラザラした感じ。
メーカーの説明だと、この上にクリアを1回塗りでマット仕上げ、もう1回塗ってグロス仕上げって事らしい。
20170813_010_1024

ロゴのマスキングを外してみると...いい感じ。発色もすごくいいです。
20170813_015_400

部分的にダマになっちゃった所もあるけど、ペーパーで仕上げて塗り直しするほどの事もないので、
(実は面倒くさい)見なかった事にしよう。(爆)
20170813_018_1042

明日からはお天気悪そうでクリアはいつになったら吹けることやら。
クリアは2液のウレタンクリアを用意したんだけど、それ1回で表面のユズ肌を埋められるか、ちと不安。

もっとも、metroは通勤号なので仕上がりがどうあろうと、夏休みが終わる前に
組立しないといけないのだけれども。(^^;

| | コメント (6)

今さらながら...metroをいじって

yosiko2さんが秘密基地でslnonさんのマシンを組み立てているというので便乗して行って来ました。
実はうちのmetro、ヘッドパーツにガタが来てちょっとヤバい状態でした。
これを捨てるような事態になると、ブログタイトルを変えなきゃいけなくなるのでそれは避けたい。(笑)
20170805_002_400

ヘッドセットを違うものに交換するとスタックハイトが変わり、スペーサーが必要となってしまうので
(現状でもスペーサー使っている訳なんですが(^^;)
できれば同じ物が欲しい。

10年も前のモデルだからなぁ、と思っていたけど
アキボウに問合せしたら、なんとちゃんと出て来ましたよ。
やはりアフターをちゃんと対応してくれてる代理店がいるっていうのはありがたい事ですね。

ただ、そのものズバリではなくアヘッド用の上玉押しと、スレッド用のヘッドセット一式。
なんでもスレッド用のは残っているけど、アヘッド用は無くなったそうな。
でも、アヘッド用の上玉押しだけ出て来たって。
そう、metroは最初アヘッドで、後にスレッドに仕様変更になった珍しいパターンなんですよ。

その組み合わせでおそらく行けそうだと判断して手配しました。
アキボウから直販は無いので代理店経由と言われましたので、ここは迷わずみやっちさんとこ経由です。(Bici Termini)

届いたのがこれ。
20170805_001_400

下玉押しを外して
ちなみに、フォークの下玉押しの上にオリジナルの色が残ってますね。こんな色だったんだ。(^^;
20170805_004_400

フレーム側のワンも上下ともに外します。
20170805_005_400

そして新しいワンを圧入。
20170805_006_400

あれ?完成写真が無かったよ。(^^;
これで無事復活です。
フレームが汚い?そうなんですよ。なんとかしたいとは思っているのですが。(^^;

そしてこちらがslnonさんのニューマシン。PINARELLO F10 だって。
フレームだけで50万?60万?(^^;
20170805_012_400

Di2、ワイヤー両対応のフレームなのでワイヤリングに苦労してました。
あ、今回はDi2ではなくてメタルワイヤーでしたよ。

で、私にはバーテープ巻き巻きのお仕事が回って来ました。
ブラック&レッドのフレームに合わせ同じ色のツートンにしたいとの事。
そんなのやった事無いんですけど。(^^;
でもなんとか及第点の出来ではないでしょうか?
20170805_011_400

そういえば、うちのmetroが秘密基地へ登場したのは実は初めての事らしい。(^^;

| | コメント (4)

« 2017年7月 | トップページ