« からくり物干しのメンテ | トップページ | またまた今日も木工作業 »

レンガの行き着く先

昨日削っていたレンガのような木材の続きです。
CNCでの切削を完了し、各コーナーエッジをトリマーで面取りしました。(写真撮り忘れ(^^;)
ペーパーで表面を仕上げた後、取っ手を付けるために穴を開けます。

ボール盤を出すのが面倒くさくてCNCで済ませちゃいました。(笑)
20180916_017_800_2

ここには鬼目ナットをネジ込みます。
20180916_020_800

用意した取っ手は下穴だけでネジがありませんのでハンガーボルトをネジ込みます。
20180916_019_800

下穴が少し小さかったのか、木が堅かったのかネジ込み途中で鬼目ナットが割れました。(^^;
こんな事初めて。「オーマイゴッド!」状態ですよ。
仕方ないので表に出ている部分をニッパーでむしり取りました。
20180916_022_800

さらにヤスリをかけて平坦にしようとしたものの、完全に平らにするのは無理。
なので取っ手の底面を削って逃げを作ることに。(^^;
20180916_023_800

一つ目は削った範囲が狭すぎて失敗。
ここまで削れば大丈夫だろう!
20180916_024_800

これで取っ手も無事取り付けられましたので、周囲をオイル仕上げして完成。
何に使う物かと言うと、革のトコ面(裏面ですね)を磨く道具です。
今まではそれ用のガラス板を使っていましたが、持ちづらくて指がつりそうになるんですよ。(^^;
これなら力もしっかり入って良さそうです。
ちなみに木種は「セラガンバツ」固くて重い木材です。ウッドデッキに使われているみたい。
だいぶ前にもらって、使い道を考えていましたがようやく形にできました。
まだ何個も残ってるんだけど、次は何を作ろうか?(^^;
20180916_025_800

|

« からくり物干しのメンテ | トップページ | またまた今日も木工作業 »

木工」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からくり物干しのメンテ | トップページ | またまた今日も木工作業 »