カテゴリー「その他」の118件の記事

本人備忘録(^^;

時にブログは日記帳、備忘録の代わりになります。
だもんでこれは私自身が数年後に記憶をたどるための記載です。(笑)

「スマホを買い換えた」
20190217_001_800

電池が半日保たなくなり、さらに再起動が頻発する状態になったので買い換えです。
左が今までのスマホで右が新しいやつ。
メーカーは同じでASUS。台湾のメーカーですね。さすがに中国メーカーは現状選択しずらい。(^^;
機種はzenfone max pro(M1)。バッテリー容量が5000mAHの大容量なので数年後、へたって
容量的に半分になったとしてもまだまだ使えるかな?というのが採用理由。(笑)
画面サイズはどちらも6インチという表記なんですが、以前の物の方があきらかに大きく見える。
縦横比率の違いによるものですけど。持ちやすくはなったかな。(^^;
横幅が広い方が電子書籍を読む時に見やすくていいんだけれど。

ほんとは近々発売されるこれの後継機種を考えていたんだけど、古いやつがそこまで保たなかった。(^^;

ブログを遡ると前のを買ったのが2016年5月、約2年と10ヶ月かぁ。
買い換え時ではあったかな。

ザウルスの時代からあれやこれや手を尽くして生きながらえさせてきた「xmdf」フォーマットの
電子書籍数百冊がとうとう読めなくなってしまったのが痛い。(><)

| | コメント (2)

ボール盤のドリルチャック交換

ず~っと懸案事項だったボール盤のドリルチャック交換を行いました。
右が新しく購入した物。従来は6.5mmまでしか掴めなかったのが、今度は10mmまでOK!
20190119_010_800

今まで太いキリを使う時はボール盤のチャックに、さらにインパクトドライバーに付けて使うチャックを付けて
チャックが2重になる形で6.5mm以上のキリを使っていたのですが、2重になる事で
高さを取られてしまうため、ストロークが取れず使えない事が多かったんですよね。(^^;

ボール盤はスピンドル先端がテーパーになっていて、チャックはそのテーパーで固定されているのですが
そのテーパーの規格が色々あり、うちのボール盤は「ジャコブステーパー1(JT1)」、
でもこれが一般的ではなく標準外仕様。
その規格で10mmまで掴めるチャックを出しているメーカーが1社だけあり、そのサイズで2種類のチャックを作っていました。
「堀内製作所」の10ELと10MG。ELは「エレクトリックライト」で電動工具用の軽量型。
MGは「マシングレード」で工作機械用。
普通はELだと精度が落ちるのですが堀内機械のはMGと同じ精度。(振れ精度0.08mm)
なので私は10ELで十分と思っていたのですが、ふと気がつくと10ELはメーカー在庫表から姿を消していた!
「これはいかん!」と慌てて10MGを探したらamazonにあったので即ポチっと。(^^;

こうやって比べると結構大きくなりましたね。
20190119_014_800

今日のところは交換作業が済んだら再びクローゼットの中へ帰って行きました。(笑)
クローゼットの中にはボール盤と自転車、クローゼットの扉の前にはCNCが鎮座している私の部屋。(^^;
20190119_013_800

| | コメント (2)

からくり物干しのメンテ

いつぞや完成した「からくり物干し竿」(^^;
物干し竿の固定部にインシュロックを使っているのですが、そこの安全性にクレームが付きました。(^^;
20180915_014_800

確かに私も気にはなっていたんですよ。なので屋外用の紫外線に強いタイプで、しかも2本がけにしてありましたが
この写真とは反対側の窓辺でかぼすが昼寝してるもんで
「そこが切れて竿がかぼすの頭に当たったらどうするの!」って。(^^;

すでに上の写真に答えが写っていますが、代わりに配管用のUボルトを使う事にしました。
20180915_018_800

ナットが緩むとマズイのでダブルナット、しかもネジロック塗布済みです。
ロープの強度は充分あるので、そこは大丈夫でしょう。
20180915_019_800

***
ずいぶん前に頂いた、レンガのような木材。
ようやく使ってみる事に。
まずはバンドソーで小分けに。
20180915_012_800

続いてガタガタな切断面をCNCできれいに仕上げます。
とは言う物の、被切削物の高さが高くてZ軸の下端にぶつかってしまうために一回では削れません。(^^;
反転して掴みかえるのですが微妙に段差が付いてしまいます。
そこはペーパーで仕上げるしかなさそうですね。
20180915_013_800

何を作るのかは内緒。(笑)
出来上がった物を見ても一般人は判らないような代物です。(笑)

| | コメント (0)

「黒部の太陽」は拝めなかった

この週末、大雨洪水警報が出てるさなか、長野方面へお出かけしておりました。(自転車は無しよ(^^;)
目的はこちら。
20180901_007_1024

一度、黒部ダムを見てみたかった。天気予報は最悪だけど、休みも取ったし諸々予約しちゃったし。(^^;
案の定、あちこちで土砂降りの雨に遭遇。
カミさんは「この天気じゃダムまで行ってもしょうがないんじゃない?」
とか言う中、強行突破。(笑)

関電のトロリーバスは今年が最後。来年からは電気自動車になるそうです。
架線があるのでバスなのに「駅」と言うし、「列車」と呼んでました。
20180901_015_800

電車のように天井に集電子が付いていて架線から動力源の電気を取り込んでいます。
確か国内ではここだけだったと思うなぁ。
私は以前、海外で乗った記憶があるんだけど、それがどこだったか思い出せない。(^^;
多分、上海?それともウランバートル?
20180901_017_800

15分ほどトンネルの中を走って、トロリーバスを降りてトンネルを歩いて行くと...
「あれ?外の人はカサさしてない?」

おお~、雨が上がってる!(^^)v
階段を220段上がるという展望台はパスして、バリアフリーなエリアだけ散策。(^^;
しかし、50年も前にこんな物を作るなんて「スゴイ」の一言しか出ない。

ダムの真ん中ら辺まで行って、恐る恐る上からのぞき込んで撮りました。
実は高所恐怖症だもんで(^^;
写真を見ると全然真ん中じゃないね。(笑)
20180901_009_800

そこまで行ったらザーっと雨が降ってきたので、急ぎ撤収!
滞在時間はものの30分。(笑)
でも、そこまでの天気状況から考えると、カサをささずに見られたのが奇跡的。

帰りのトロリーバスはガラガラ。他の人はもっと上まで行ったんだろうか?
私はダムが見られて大満足で帰路につきました。

帰りの駅で写真を撮って欲しそうにポーズをするので撮ってあげた。
だって、周りに誰もいなくて私にだけ熱烈アピールしてくるんだもの。(笑)
20180901_012_800

| | コメント (14)

西千葉工作室

つくる。なおす。つくりかえる。 いいキャッチフレーズだなぁ。(^^)

20180519_001_800

こちらは「西千葉工作室」、ここの見学ツアーに参加して来ました。

20180519_008_800

いわゆる「ファブラボ」ってとこですかね。ただ、こちらは普通のとこに比べるとかなり敷居を低くしている感じです。
小学生の子供がやってきて、作りたい物を作るとか、デジタルな事だけでなくアナログな 物作りも色々できるみたい。

それとビルの中じゃなくて、通りに面した1Fにあって、ガラス貼りの扉から中が見えるってのもいいのかな。
料金的にもかなり安い方の部類だと思う。

もちろん、ファブラボとして3Dプリンター、レーザーカッター、カッティングプロッターなんかの
デジタル機器は揃っています。CNCも置いてあったけど、レンタル費用とかの項目に載ってないので
スタッフの私物かもしれないな。

20180519_004_800

20180519_007_800

20180519_003_800

近い所でこういう機器を使える所、それと作業スペースとして使える所を探していました。
3Dプリンターもレーザーカッターも次に製作するリストに上がってはいますが、それが
いつになるかはまだ未定。(^^;
果たして使い勝手はどんなもんだろうかと。特に3Dプリンターはこれまでノーマークだったのですが
ひょっとしたら結構使えるんじゃないだろうかと。それを試してみたくて。

それと木工でトリマーを使って作業できる場所、これも希望要求のひとつ。
見ると、工具棚にはトリマーもありました。手前にはサンダーも。
ただ、それらは部屋の外、うちと同じ「玄関前作業場」で、って事みたいです。
一応、トリマー作業なんかやって隣近所から苦情が来ないか聞いてみたら、「これまで良い関係を築いているので大丈夫です」との事。
ただ、集塵機とかは無いみたいで、マキタのコードレスクリーナーだけしか見えなかったので
車で行くならサイクロン込で集塵機持参した方がいいのかも。(^^;

20180519_002_800

取りあえず、何度か行ってみようかと思ってます。

| | コメント (0)

PROXXON ミニバンドソー改造

先週から使い始めたミニバンドソー。
ちょっと気がついた点がこれ。下側のブレードガイド。ただの丸棒にミゾが掘ってあるだけの代物。
え~、これでええのんかい?
20180407_002_800

よく見るとブレードのセンターに取り付け穴がある。
ん?って事は上側のガイド(ベアリングを3個使いで構成)が付けられないかな?
当ててみると...当たるし。(^^;
20180407_003_800

でも、この当たる箇所は強度的に必要とは思えないし。
そんなもん、切っちゃえ!
20180401_003_800

おお~っ、ピッタリ収まるじゃないのよ。(^^)v
20180407_004_800

ホースを付けるノズルが裏側に出っ張ってるのでこれも...
20180407_005_800

カットぉ!(笑)
このノコがあると、切る手間を考えなくてよいので、躊躇無く即切断。

このノズルはダイヤモンドブレードを使ってガラスなんかを切る時に冷却水を流すためのもの。
しかも下側のガイドには全く必要無し。
20180407_006_800

これで上下共ベアリングガイドになってグレードアップ!(笑)
下側があの位置に穴があるってのは確信犯?コストダウン策?
それともドイツで売ってる物は最初から下もベアリングガイド仕様なんだろうか?

あとはこの下側に集塵ポートを付けたいとこだな。
20180407_008_800

| | コメント (0)

大工仕事

今日は家庭内大工仕事
「この壁にコート掛けを設置せよ」というお達しが。(^^;
20171224_002_400

壁は石膏ボードなので柱の位置を確認して、そこへ板をネジ止め。
こちらの部屋は下のチェストの色に合わせてニス仕上げのみ。
このチェストももちろん自作です。作ったのはずいぶん前の事だけど。
20171224_004_400

こちらの部屋も併せて設置。こちらは色を付けました。
20171224_008_400

大工仕事の後は久し振りの革作業。ハンドプレスを使うのは何ヶ月ぶりだろうか。(^^;
ちなみにこの最中にもCNCは健気に動いております。(笑)
並行作業ができるってのがいいよね!
20171224_009_400  

| | コメント (0)

納期遅延

先月から「箱」を作っています。
頼まれ仕事なんですが、仕様はザックリしたものだけ。
それならば、ってことで目一杯手間掛けた構造で凝ってみました。(^^;

板の合わせ目を全部45°に削って、接合部に板の厚み部分が見えないように。
最初は側面だけのつもりだったんだけど、途中から加工をCNCでやる事に変更したので
底面まで同じ構造に。
ただ、これがかなり手間と時間が掛かってしまい往生するはめに。(^^;
20171202_010_800

板の継ぎ目が見えないでしょ?
20171202_011_800

ステインで色を付けて
20171203_001_800

ニス塗り
20171209_002_800

まだ細かい造作があるので、まだ完成じゃないんです。(^^;
ちょっと凝りすぎちゃったかなぁ?と反省。(笑)
実はもうひとつ形状違いで作らなくちゃいけないので、そっちは簡単な組み方に変更する予定。
そうじゃないと、いつまで経っても完成しないから。(^^;

| | コメント (6)

紅葉狩り

週末、房総の方へ紅葉狩りに出かけて来ました。(と言ってもほとんど車の中からだけど(^^;)
そんな訳でインスタ映えするような写真はほとんどありません。(運転手だもんで)

こちらは養老渓谷駅での1枚。
20171202_001_400

駅にはちょうどトロッコ号が停車していました。
帰って来てから小湊鐵道のサイトを見たら、クリーンディーゼルを搭載した、ってあるけど
どんな構造なんだろ?教えて、鉄な人。(^^;
ちなみに最初に気がついた時は煙突から煙が出てたけど、途中で無くなっちゃったよ。
20171202_003_800

お昼はB級グルメな勝浦タンタンメン。普通のタンタンメンとは別物なんですね。
ラー油がたっぷり。ちなみに写真はカミさんが頼んだ「大辛」(^^;
私は「普通」でしたけど、それでも汗が出てきて止まらなかった。
20171201_001_400

帰って来てからはちょいと大工仕事。CNC用の作業台を作りました。
2x4材なのでホームセンターでカットしてもらって、組立は1時間そこそこで完成。
見た目をあまり気にしない、強度命なこんな物だと簡単じゃ。(^^;

これで作業中の腰痛を防げるかな?
ただ、この台の上に持ち上げる際に「ギクっ」となってヤバかった。(笑)
装置本体重量は30kg近くあるのかなぁ?
下の段にも板を取り付けて、道具類をそこへ置く予定。
20171203_004_400

| | コメント (0)

スピーカー完成

先週の続きでスピーカーの仕上げ作業です。
本体にはステインで着色してからニスで仕上げます。
天気が良くないので室内で乾燥。
20171028_001_400

スピーカーを固定するビスの頭が干渉しないように、相手側に逃げを作るはずだったのが
まさかの加工忘れ。(^^;
しかたないのでスピーカーのフランジに皿穴加工をして皿ビスで固定。
20171028_003_400

コードを接続してスピーカーを固定ですが、一応吸音材を少し入れておきましょう。
水槽のフィルターの濾材の活性炭です。これをお茶っ葉を入れる不織布の袋に入れて、中に放り込みます。
20171028_004_400

色合いもいい感じになりました。
20171028_005_400

バッフルリングとのコントラストもいいでしょ?(^^)v
20171028_006_800


| | コメント (2)

より以前の記事一覧