カテゴリー「OLD DAHON」の51件の記事

CNC計画発動

CNC計画が発動されました。しかも自作だ!(笑)
CNCフライスというのは、ちとおこがましいけどCNC彫刻機程度にはなるかな。(^^;

何か物を作ろうとする際に、CADで図面を書いてますけど、その寸法通りに作ろうとすると
これが結構難しい。
特に最近は目と指がシンクロしてなくて、思い通りにならないジレンマが。(^^;
CNCフライスというのはXYZの3軸をパソコンからの指令通りに動き、切削を行う装置です。
刃物の付いたスピンドルをレーザーユニットに置き換えればレーザーカッティングマシンにもなる訳です。
自作ならばそういう自由度も高くなり、楽しめます。(^^)v

そんな感じで以前からCNCには興味を持っていたのですがお高くて...。(^^;
(国産でイイなと思っていたのはオリジナルマインドという会社の物なんですが、約20万円ほど)

確か(さ)さんがCNCをお使いだと思い出して聞いて見ることに。
すると中国から安く買えるという事が判りました。
で、色々調べて行くうちに「この程度なら自分で作れるんじゃないかな?」と。

実際にネット上には自作されている方のブログとかが沢山ありました。
そういう情報も参考にしつつ調べを進めると、一番ネックになる(金額的に)と思われたボールねじと
スライドガイド、これが中国製だとかなり安い。
精度的には劣るかもしれないけど、私の用途レベルならば問題無い精度。
それを使う前提で設計を進めてきました。

それで、いくつもの案を検討してようやくひとつ、案としてまとまりました。
20170122_001

真鍮の切削を視野に入れ、ある程度の強度は欲しいので固定の門形フレームを採用。
Y軸は一般的な物とは違いモーター毎動く構造です。これはスピンドルの真下に荷重を支える
ブロックを配置したかったため。そしてこれだと天板と底板の二重構造が必要ないためコストダウンが図れると。←ここ重要(^^;
でも一応、これから門移動タイプの設計も行って、両方を評価して最終決定となるかな?

問題は専門分野ではない制御系なんですが、これはarduinoベースで行くことでこれもコストダウン。
オープンソースハードウェアという事でフリーな環境が揃っているようです。
パソコンとの接続がUSBになるので、パソコン側の制約が無いというのもいい点です。
20170122_003_400

制御系は事前にソフトも含めた動作チェックをしたいので、先行で手配を進めています。
ステッピングモーターはAliExpressで調達。他にarduinoに刺して使うCNCに特化した基板
「CNCシールド」それに使うモータードライバー「drv8825」も手配しているのですが現状未着です。
それが揃ったらテスト開始です。

ちなみにarduinoは中国製のクローンではなく純正品を使いたかったので、久し振りに秋葉の秋月へ行きました。
店内がずいぶんキレイに整頓されててビックリしちゃった。(笑)

私的には久し振りのビッグプロジェクト。(笑)
設計段階で試行錯誤してるのはとっても楽しくて。(^^)v
私はこういう事をやりたくて、今の職業に就いたのに、最近はそういう仕事から遠ざかってしまい
つまんなかったんですよね。(^^;
まぁ、管理職となるとそうなってしまうのも仕方ないけど、私は生涯一設計屋で行きたいと思ってる。
取りあえず、これでしばらくの間は楽しめるぞ~。(笑)

***
さて、その設計が一段落したので、自転車ネタも進めよう。
old dahonのレストア?でやり残しのグリップの革巻き作業。
その革を用意しました。

以前は単に革を巻いただけでしたが、小技を覚えた今回は滑り止めを兼ねてスタンピング。
スタンピング作業にもハンドプレスが活躍します。
20170122_005_400

さ、あとはハンドルバーへの取付を残すのみ。
20170122_007_400






| | コメント (13)

ロックナット発掘!

old dahonのBBに使うロックナット、会社の帰りにアサゾーへ寄って聞いて見ました。
「シマノのBB-7400のロックナットなんて無いですか?」
一応、調べてくれましたが古い型番でもう取れないとの事。

次にじて吉へ。
「ママチャリ用ならありますけど。」 それは却下だな。(^^;
「あそこ行けばあるんじゃないですか?宮さんのとこ」 だよね、やっぱり。

という訳で、再びvillage topへ。
「カップ&コーンのロックナットなんてもう無い?」
「もう無いよ~」「ガ~ン(^^;」

新たな調達計画は失敗に終わったので、あとは家捜ししかないな。
物置のジャンク箱もひっくり返して探し(この中身は処分しないとな)
工具箱も全部出してみたけど、やっぱり無い。(^^;
次は木工用の工具箱...「あった~、しかも2個(笑)」(写真には1個しか写ってないけど)
誰がこんなとこに入れたんだろう?(私しかいないって(^^;)
20170114_001_1024

これでようやく組めますがな。ピンスパナも買いました。oldでしか使わないけど。(^^;
20170114_005_400

oldのクランクはSUNXCDの渋い奴なんだけど、フィキシングボルトのカバーを外す際に
六角穴を盛大にナメってます。(^^;
これ、アルミで肉厚がメッチャ薄いんだもの。
20170115_001_400

さらにフィキシングボルトそのものもこんな六角頭。
そこそこの値段のクランクなんだから、せめて六角穴付きにして欲しいね。
これだとソケットレンチが無いと外せないし。(^^;
20170115_002_400

village topへ行ったついでに買って来ました。ワンキーレリーズ
20170115_003_400

でもSUNXCDのカバーも調達済みなので、使うのはボルトだけ。
これはいつぞや、八王子のロッソにお邪魔した際に、吉祥寺で途中下車してベロクラフトに
寄って買って来たんだったよ。(それはちゃんと覚えていた。(^^;)
20170115_004_400

これでバッチリ!あとはグリップの革巻きだけかな。
20170115_005_1024

20170115_006_1024

| | コメント (2)

思い出したかのようにold dahonをいじる

夏休みの工作も飽きがきたので、目先を変えてoldでもいじるかな、と。(^^;
そしたら都合良くyosiko2さんが「月曜日、秘密基地開放!」って言ってるので、がさごそ積み込んで行って来ました。

oldも塗装があがったのは1年ほど前の事、それから時々思い出したかのように少しいじるんだけど
なかなか完成にたどり着けません。(^^;

塗装が結構しっかり載っているので、何か組み付けるにはボルトやピンが通る穴は全部きれいに
する必要があります。
フレームヒンジのところもそのままではシャフトが入らない。
なのでリーマー掛けて下準備。
20160814_012_800_2

秘密基地で最初にやるのはスタンド取り付け。
バラしてからだいぶ時間が経っているので、どの部品がどう付いていたかを思い出しつつ。(笑)
20160815_001_800_3

ヘッド部組立ではフォーク側のねじ山がつぶれてる。(^^;
ヤスリで1山1山修正してから組立。
20160815_002_800_2

BBのロックナットが行方不明。これが無いのでクランクは取り付けられず。(^^;
(帰りにvillage topで調達して来ました。)
20160815_006_800_2

ブレーキを組み立てようとしたら、リリースレバーのインデックス用の小さなボールが
どこかに飛んで行って行方不明に。(^^;
20160815_005_800_2

こちらも家に帰ってきてから、フロントのそれをバラし、ボールサイズを確認できましたので
調達しないと。1/8インチ、1個だけ。(^^;

そんなこんなでも、少し見られる形にはなりつつあるな。(笑)
また完成は先延ばし。次回は半年後の予定です。バキッ!!☆/(x_x)
20160815_003_800_2

私がそんな事して遊んでいる間にyosiko2さんはスゴイ物を作ってましたよ。
16インチ、スルーアクスルのハブ&フォーク!
20160815_009_800_2

やっぱりディスクブレーキはスルーアクスルじゃないとね。
これからはこれが主流になって行くんでしょうか?

それと、facebookとかmixiでつぶやいた「ベルトポーチ」
これはポケットには入りきらない物を入れて腰にぶら下げよう、ってな用途なんだけど
自転車のハンドルバーにちょうどいいじゃん!って声が多くて。(^^;
ご要望にお応えして付けてみました。
20160815_007_800

ほう、いい感じじゃなかろか。
なんか事務局が暗躍して、注文を取りまとめているとかいないとか。(^^;

自分で使うだけならこれでも十分なんだけで、自分以外の人が使うならもう少し試作を
繰り返して、仕様を固めないとマズイかなぁ?
使う革の厚さとか、寸法とかね。

| | コメント (5)

たまには自転車ネタでも...(^^;

久し振りに自転車いじりました。とは言ってもサイコン付けただけ。(^^;
昨年の走行距離がとうとう1000kmを下回るという体たらくなので、old dahonで走った分もちゃんと
記録して、水増し積算しようかと。(笑)

でも、old dahonにはキャットアイは似合わないかなと、勝手に思ってまして。(^^;
色々探して結局こんなのを選びました。
(でも、これは心惹かれました→CC-PA100W。このでかい画面、老眼仕様でしょ?)
140201_004_400

GIANTの「contiuum 9w」って奴です。この丸っこいフェースがいいでしょ。(^^)
これをステム固定ノブの上に取付しました。
ただ、このノブは回転方向には固定されていないので、気が付くとあさっての向きになってたりします。(^^;
140201_005_400

サイコン付けましたので、動作確認もかねて走って来ましたよ。20km程度だけど。(^^;

*****
さて、帰って来てからはやっぱりコレですよ。>KIRA KND-8
某栗自動車工業でもKIRAをお使いらしいですよ。(^^;

メーカーに製造番号を伝えて調べてもらったら...1973年製って事が判りました。
40年前ですよ。(^^;
その頃だと、今に比べて強度的にも余裕がかなりあるはずなので、長期間に渡る使用でも
問題無く使えているんだと思います。
140201_017_400

ただ、ベルトカバーが樹脂製で、取付ビスのところから亀裂が入っていたのをプラリペアで修理。
これね、蓋が180°まで開けばいいのに、中途半端なとこで止まるから、蓋を押す力がかかると
取付ビスの所から力がかかり割れるんだよね。
もっと古い物は金属製だったみたいですけど、コストダウンですかね?
またクラックが入るようならグラスファイバーで補強だな。
140201_013_400

とりあえず今日はどんどんバラしていきます。
140201_019_400

140201_025_400

メインの支柱はかなりの肉厚です。ここら辺がリョービの中国製とは大きく違う点ですね。
140201_029_400

ハンドルをネバダルで磨きました。
140201_031_400

モーターがなぜか2台。奥側が元々付いていたもの(単相100V)で、手前はおまけで譲ってもらった
3相200V仕様のモーターです。出力軸径、取付ピッチ等は同じでしたので、そのまま交換も可能。
もっともすぐには使えませんので、「明日のためのその一」って事で。(^^;
140201_024_400

| | コメント (7)

old dahon復活

8月に北海道へ帰省した際に、行きの飛行機で預けて破損したold dahon。
あれから2ヶ月ほど経ってようやく復活できました。

ホイールは新しく組み直し。(但しハブは特殊なのでそのまま流用)
チェーンも新品に交換。その他に穴の空いた輪行袋も新品になりました。(^^;
幸いフレームにはダメージが無かったみたいです。
まあ、鉄フレームなので曲がってたら叩いて直しますけどね。(^^;

ちなみに修理費用は全て航空会社(ANA)持ちです。
そのために従価料金制度を利用して、余計に保険料を支払っているわけなので。
131013_001_400

131013_003_400

131013_005_400

ホイールが組み直されたせいか、走行中の異音も無くなり調子いい。(^^)
これで明日アークヒルズで開催されるサイクルマルシェ(ちょっとクラシックな自転車フリーマーケット)にはこれに乗って行けるな。

あれ?今、ブログ書いてて気が付いたけどこのタイヤ(マラソンレーサー)は回転方向指定があったはずで、
なんか逆に付けてるっぽいぞ。(^^;明日、出がけに直さなくちゃ。

 

そのサイクルマルシェのFacebookで出展者を見てたら、佐倉にある「Terry's cycle」ってのがあって
聞いた事なかったお店なので、ちょっと気になって行ってみました。
お天気もいいしね。少しは走らないと。ちょっとカゼ気味なのでユルユルと。(^^;

お店の写真を撮ってくるのを忘れてしまったけど、こぢんまりとしたお店。
ビンテージバイクの専門店という感じなので、この辺りでは無かったお店ですね。
開店の11時に行き、店主の方と1時間ほどおしゃべりして来ました。
元競輪選手との事でガッシリした体つき、でも気さくないい方でした。

この2台はどちらもご自身のバイク。
手前はTOEIのランドナー。カンパレコードで組んでます。
奥はColnagoは高校時代から使っているというもの。30年も前のだとは思えないほどきれいでした。
131013_011_400

お店には他にもColnagoやEddy Merckxもありました。Merckxは私の物よりさらに前のモデルで
その時代のは「Eddy Merckx」のロゴが刻印であちこちに入ってましたね。

それと明日持って行くパーツの一部を見せてもらいました。
カンパのデルタブレーキ。こういう古いパーツでも箱入り・新品なんてあるもんなんですね。
131013_006_400

私は1回くらいしかお目にかかったことの無いデルタブレーキですが、上の写真のColnagoにも付いてましたし、
他にもゴロゴロありました。(^^;
131013_007_400

他にもカンパの「古いけど新品」なパーツが色々と準備されてました。
見てるのは楽しいですが、さすがにこの辺りのパーツには手も足も出ません。(^^;
私はやはり実用的なパーツを付けて「乗る」ほうがいいのかな。

| | コメント (2)

秘密基地詣で

先日落っことしたスタンドを改良するために秘密基地へ。
あて板の裏面を平らに削ってもらいました。
これでフレームとエッジで当たるようになるので多少はマシになるかな。
130505_001_400

ガタガタに付いたキズもきれいになりました。
130505_002_400

ついでにこんな物も作りました。
130505_004_400

これが何かっていうと、こちら。
130505_005_400

フレームを折り畳んだ時の固定用マグネットです。
old dahonにもオリジナルで板バネ式のロックが付いているのですが、どっか行っちゃった。(^^;
dahonの場合、フレーム固定できないと輪行する時バラけて大変ですからね。

走行時にはこんな感じで引っ込みますので邪魔になることもありません。
130505_009_400

こちらはyosiko2さんが独自に対策を施したtikit。って言うかカーボンフォークになってるし。
130505_013_400

クランプ部をロー付けしての自作だというから参りました。(^^;
130505_014_400

この構造ならば、ごくごく普通の構造で上からのボルトでフォークを引き上げる形になり
安定しています。
裏を返すと標準のtikitはこういう構造ではない、ってことですな。(^^;
130505_015_400

さらにハンドルバークランプのレバーにこんなピンが埋め込まれてました。
130505_017_400

これが何を意味するのかすぐに気づいたあなた、鋭いです。
ブルホーンバーの傾き防止というか位置決めというか。
クランプ部のクランプ力に頼らずに倒れを防止できますね。

BikeFridayのヘッドバッジに対抗するかのようなdahonのロゴマーク。(笑)
130505_019_400
 
 
 
今日はサクっと作業完了しましたので、速攻で帰ってポタリングへGO!
行き先はいつもの風車までですけどね。
130505_023_400

途中のCRでじて吉ジャージのo-miさんとすれ違いました。
あちらも気が付いたみたいです。「ちゃんと私も走ってますよ」(笑)

ちなみに今日は半袖、レーパンの夏姿で全然平気な陽気でしたよ。
暖かいと身体もよく動くなぁ。(^^;
130505_024_400

久しぶりにSPDシューズも使いました。ペダルの片面はフラットにしてるので、いつでも
そちらへ切り替えられるし。
今日の感じだと、徐々に鳴らしていけばヒザも大丈夫そう。
速度は全然戻ってないですけどね。
ヒザが痛くなるのが怖くて、まだまだガンガンとは踏んでいけないです。
だもんで、朝練復帰は当分先だわな。(^^;

| | コメント (5)

革パーツ、リニューアル

先週、段取りした革パーツの取付です。
130317_007_400_2

シコシコ手縫いで縫っていきます。
130317_010_400

フレームジャケットはこれで完成。
130317_013_400

サドルバッグは取付ベルトをやり替えました。ベルトの片側はバッグ内側に通して固定。
バックルも側面に固定しちゃいます。
130314_001_400

サドルに取り付けるとこんな感じ。サドルとの取り合い部にバックルが来ないので
よりサドル側に寄せて取り付ける事ができました。
130314_006_400

old dahonのいじくりもこれで一段落。
130317_011_800_2

続いてはBBのベアリング交換作業。
130317_001_400

純正のベアリングを外して、セラミックベアリングを圧入。
130317_003_400

出来上がり。
130317_004_400

パッケージにシャレ(^^;を貼り付けて出荷です。
130317_017_400

enduroのベアリング、中袋にロゴが入るようになりました。
130317_005_400

そうそう、これまでのセラミックベアリングはボールだけがセラミックでレース(本体)は鉄でした。
それが今度enduroからオールセラミックのベアリングが出たらしい。
これまでもそういう製品はあるんだけど(食品機械用とかグリスレスが要求される用途向け)
enduroブランドが出した来たという事は自転車向けってことだと思うんだよね。
ちょっと興味ありますね。現在、詳細を問い合わせ中です。

こちらは日向でヌクヌクとお昼寝。足がはみ出してますがな。(^^;
130317_018_400

| | コメント (8)

春?夏?

昨日今日と急に暖かくなりました。花粉もいっぱい飛んでるみたいで、帰りの電車の中で
おはなが蛇口状態になりました。(;_;)

こんな日に走らないといつ走るの?って思っていたら、yosiko2さんからメールで
「幕張メッセのどてらい市(工作機械の展示会)の招待券があるから行こう」だって。
どうしようか5秒ほど考えて「行く~」(笑)
うちまでお迎えに来てくれたので、old dahonを積んで行きます。

展示会は非常にマニアック。(笑)
yosiko2さんのツナギ姿が周囲に溶け込んでいて違和感が無い。(爆)
最近、製作工場へ行くことが無くなったので、最新の機械事情に疎かったのですが、
世の中は色々進んでいましたよ。

yosiko2さんはpanaのTIG溶接機にご執心でしたけど、「どんな用途で使われますか?」
「自転車のフレームだから薄肉のパイプ」って、仕事じゃないんかい!(笑)

駐車場で別れて、メッセから自転車で帰ります。
走り出してすぐに上着を脱いで腕まくり。初夏の陽気でしたね、今日は。

途中の路上にパン屋さんの車がいたので、パン買って公園でお昼。
130309_003_400

130309_004_400

そうそう、前回作ったパーツの写真写りが悪いってご指摘を受けましたので再度。
これならシートチューブに合わせてR加工されているのが良く判りますね。
しかも、R加工は斜めに加工されているんだけど、そこまでは判らんわな。(^^;
130309_001_400

今日はold dahonで比較的太いタイヤなので、花見川CRのダート部分へ久しぶりに突入。
130309_008_400

うちから15分程度のとこに、こんな秘境のような景色が広がってるなんて。(笑)
この先の道の真ん中に3,4人止まっている人がいたので、だれかケガでもしたのかな?
と思って近づくと、大きなカエルが道の真ん中に。(^^;
「全然動かないのよ~」「轢かれちゃうから」

あら、まあ、ってことで捕まえて川の方へ逃がしてあげました。
この陽気で「寝過ごした!」ってあわくって出て来たのかもね。(^^;

帰って来てからold dahonの革パーツをリニューアルしようと作業開始。
そうとうくたびれて来てますね。(^^;
130309_009_400

新しく切り出した革に、曲がり癖をつけるためにシートポストに巻き巻き。
確か、この革はカメラケースを作ろうと買ったはずだったような気がするけど。ま、いっか。(^^;
130309_011_400

ついでにサドルバッグのストラップも新しくすることに。
こちらもかなりのくたびれ加減。
130309_012_400

今度は取付方法を変えて、バッグの位置を適正な状態になるように思案中。
130309_014_400

ジャンク箱をがさごそ漁っていたら、こんなの出て来た。(^^;
まだ、残ってました。(笑)しかし、\630って値段は何?(^^;
130309_013_400

ここしばらく、oldばっかりで、speedもロードバイクもお蔵入り状態ですな。(^^;
暖かくなってきたので、そろそろまじめに走りだそうかな。
と、日記には書いておこう。(龍角散)(笑)

| | コメント (4)

暗技研的ペダルの料理

old dahonのクランクをこれまでの折りたたみクランクから交換すると、そのままでは輪行時にペダルが飛び出してしまいます。
なので、どうしようか一応検討もしておりました。

なるべくコンパクトにするには折りたたみペダルよりも取り外し式がいいかなと。
今は三ヶ島だけで無く「Wellgo」や「Free go」「Microstep2」とか取り外し式の種類も増えていました。

MKSのEZYシリーズにはBROMPTON用に「ONE SIDE」という左側だけ取り外し式、右は普通のペダルという
のがありました。(ヤマ行このinaさんも使ってますね)
ただ、残念な事にdahonの場合、フレームが左折れなので片方だけ外すとしたら右側なんですよ。
右だけ外れる「ONE SIDE」は無いみたいです。

それと、取り外し式ペダルの問題として、「外したペダルをどうするか?」という事があります。
普通は付属の袋に入れてバッグにでも入れておくのでしょうが、置き忘れたりすると悲しいことに。(^^;

Free goとかMicrostep2は外したペダルをクランク逆側から入れるという事ができるようです。
こちらはgenさんがお使いでしたね。

それに対して、土浦のflameというお店が「EZY PON !」というアダプタを売っています。
どこかのオフ会で使っている方を見かけて「これはナイス!」と思いましたよ。
フレームのじゃまにならない所にもう1個アダプタを付けて、輪行時にはペダルをそこへ取り付けて置く、というもの。
(写真はy-motoさんのとこから拝借(^^;)
130303_019_401

あと、EZYのペダルには脱落防止にストッパー(上の写真の黄色いリング)を付ける必要があるのですが、
最近は改良されてそのストッパーが不要な「EZY Superior」というシリーズもありました。

 

で、先週思いがけずEZY PROMENADEがやって来たので、「さて、どうしましょ?」

コンセプトは「EZY PON !RIGHT SIDE ONLYSuperior」でどうだ。(笑)
とは言え、ここのところ革サドルにクランクと出費がかさんでおりますので、極力低コストで済ませたい。(^^;

まずはRIGHT SIDE ONLYにするため、ノーマルPROMENADEの左軸だけ手配しました。
さすがは国内メーカーの三ヶ島、ちゃんと対応してくれて\600/本でした。
130301_001_400

組み替えも問題無く完了。
130301_004_400

一応、後学のために玉のサイズも測っておきました。あくまでも一応ね。(笑)
ちなみにペダル1個に12x2=24個使います。
130301_002_400

次はSuperior化なんだけど、昨日backさんとこでアダプタにタップを立ててもらおうとしたのですが、
本体が硬くて文字通り「刃が立たなかった」状態。(^^;
ポンチの跡だけがむなしく残っています。まことに残念ながら今回は見送り。
130303_006_400

そして残るはEZYポン!
秘密基地に落ちてた左クランク、こいつが犠牲に。(^^;
ここにはペダルタップもありますが、今回は廃品利用ってことで。
130303_005_400

取付場所をどこにしようか悩んだ挙げ句、ここに落ち着きました。
リアハブの辺りじゃ、ご本家と一緒で面白みがないでしょ、って事で。(笑)
スタンドの押さえ板と兼用です。
もちろん、バフ仕上げまでやってピカピカ状態になってます。
130303_008_400

折り畳んだ状態で、こんな感じで収まってます。ユニークでしょ。(笑)
まぁ、これがやりたいがために左のペダルをノーマルにしてアダプタを1個余らせた、というのがほんとのトコなんですけど。(笑)
130303_014_400

 
 

今日はその他にGIANTのESCAPEの改造作業もやってました。
私のお仕事は久しぶりのブルホーンのバーテープ巻き巻き。(^^;
130303_012_400

ブレーキをキャリパーに交換して、ブルホーンにSTIレバー。
STI本体をかなり削り込んでブレーキレバーの引き代をしっかり確保しています。
パッと見じゃ判らないけどね。さすがはyosiko2さん。

「これだけは替えないで下さい!」って言われたのがこの「熊の足跡」ペダル。
130303_018_400

これはぜひとも北海道で雪道サイクリングをお楽しみのあの方に使っていただきたいと意見は一致。(笑)
ほら、どこまでも行っちゃう、あなたの事ですよ。(笑)
130303_003_400

| | コメント (18)

クランク組み方修正(^^;

nuckkyさんからご「スパイダーの位置を替えたら」と指摘をいただきましたので
さっそく手直し。
そういえば組む前にパーツを眺めていた時に「真ん中の穴がいびつなのは何でかなぁ?」
と思っていたのですが、深く考えずにそのままスルー。
そっか、クランクを穴に通すための形状だったのか。バキッ!!☆/(x_x)
130302_001_400

これが正しい形、なのかな。(^^;
130302_002_400

裏面はこうなってます。トリプルにもできるようにタップ穴があります。
130302_003_400

これでBBにセットしたら、以前のチェーンラインに戻りカーボンチェーンカバーも復活。
BBのスペーサーも不要でした。(^^;
130302_010_400

130302_012_400

backさんがステム固定ノブを作ってくれました。アルミ製でいい感じです。ありがとうございます。
130302_005_400

 
 

*****
以前にもこんなのがありましたが、今回もまた。
フネ付きのアルテグラのブレーキシューが\1,090
ちなみに安いのはグレーの方だけ。シルバーの方は\1,700程度みたい。
シマノは時々判らない値付けをしますね。(^^;
130302_009_400

前の時に沢山買ったのにどこ行ったんだろうと思ってたらold dahonに付けてました。(^^;
 
 
 
****
今日は車を車検整備のために預けてきました。
代車で来たのは新しい方のラクティス。しかも走行距離が1600km程度の新車。

でも後席を倒しても荷室は全然狭い。(^^;
こちらは背もたれがただ倒れるだけって感じ。うちのは座面も前へスライドしつつ下がるんですよ。
これではまともに自転車積めるかどうかも危うい感じ。
なんで止めちゃったんだろ?コストダウンかな。
そういえば以前ふみまろさんがそう言ってたっけなと思い出しました。
130302_006_400

これじゃあ、こんな積み方はできないな。(^^; 同じ名前の車なのにね。
130106_004_400

| | コメント (8)

より以前の記事一覧